ブログ

災害時の食を支える

2017/02/16

 2月14日、栗山町役場にて、「災害時における米穀の供給に関する協定」を栗山町と締結しました。
  これは、栗山町民の方々の食料を確保する目的として、万が一の大規模災害発生時の応急対策の一環としたもので、炊き出し用米として1,350キロを災害時に町の要請に応じて供給するといったものです。
  締結式で椿原町長は「町民の方々が安全で安心して暮らせるようにしていきたい」と述べると、北組合長も「地域に対する貢献として協力していきたい」と決意を語りました。

sDSC00022